ふすま張り替えについて

松原表具店では、ふすま紙の種類を300種類以上取り揃えています。
お客様のご自宅にピッタリのデザインがきっと見つかります。お気軽にお問い合わせください!

張り替えの時期は、通常はふすま紙が破れたり、汚れた場合に行いますが、前の張り替えから時間が経過していると、ふすま紙が劣化していきますので、それがふすまの張り替え時期の目安になります。

ふすま張替え作業

新鳥の子(一般的なアパートや借家に使われる洋紙のふすま紙)

<張り替え価格>
■間仕切 3,900円(税別) ■押入・戸襖 3,600円(税別) ■天袋 2,160円(税別)

景勝

長い歴史を誇る新鳥の子襖紙。1958年の創刊以来、時代とともに歩み進化し続けるモダンデザインを表現しています。

カタログを見る

山水

ナチュラルで女性らしい感性に訴える色彩とデザイン。業界初「ディズニー プレミアムコレクション ふすま紙」も!

カタログを見る

新沙織(糸入りの普及品のふすま紙で、新鳥の子よりも耐久性があります)

<張り替え価格>
■新沙織(中級)
間仕切5,700円(税別) 押入・戸襖4,500円(税別)  天袋2,700円(税別)

■新沙織(上級)
間仕切6,900円(税別) 押入・戸襖5,200円(税別)  天袋3,120円(税別)

しんせん(中級)

しんせんの襖には様々な技法があり、手を掛けるほど輝きます。
京のはんなりとした美しさに江戸の粋や金沢の侘び寂びが取り入れられています。

カタログを見る

近江(上級)

近江は、美しく調和し、和心をくすぐる厳選のラインナップ。
純和風はもちろん、さまざまな四季と自然が綾なす心安らぐ空間を演出します。

カタログを見る

鳥の子(越前和紙)落ち着いた雰囲気を醸し出す、純和風のふすま紙

<張り替え価格>
■間仕切8,800~円(税別)  押入・戸襖6,500~円(税別) 天袋3,900~円(税別)

銀河

越前手漉和紙「本鳥の子」をはじめ、大礼紙・彩雲紙・金銀細工紙から高級織物、またエコを意識した和紙など、サイズも種類も豊富に取り揃えています。

カタログを見る

高級織物(ワンランク上のふすま紙。耐久性も抜群)

<張り替え価格>
■高級織物 間仕切9,800円(税別) 押入・戸襖7,000円(税別) 天袋4,200円(税別)

■高級織物(4枚柄) 間仕切13,800円(税別)  押入・戸襖9,000円(税別) 天袋4,200円(税別)

朱雀

繊細かつ優雅な仕上がりと、良質な素材と豊富な意匠が生み出す空間。現代のライフスタイルに安らぎや心地よさを生み出します。

カタログを見る

あかぎ

伝統の襖から現代的空間まで、絢爛豪華な襖絵と文様、無地織は、幅広い使い方に対応可能なように豊富にご用意しました。

カタログを見る

<ふすま張り替え価格について>

・開き襖は取外し取付工賃として+500円(1枚)です。引手取替は+300円~(1個)です。
・黒ふちは、塗り替えができます。1枚分が、大+500円 小+200円です。
・下張りまでひどくやぶれている場合は、補修代として+500円~1000円(1面)必要です。
・しろうと張りをされている場合は、補修代とは別に+500円(1面)処理賃が必要です。
・ダンボール襖(木製の骨がない襖)は、2割増し(新鳥の子のみ3割増し)です。